トップページ > 講師紹介

講師紹介









○講師プロフィール 〜FSTC学院長 鈴木淳子


カナダに移住後、 スペシャリストとしての技術を身につける事を決意し、英国系アロマテラピー、アドバンスド エステティック、の専門過程を修了して認定エステティシャンとして活動するが、さらにボディーへの興味が高まり、アメリカで、セラピュ−ティクマッサージカレッジを卒業し、米国のマッサージセラピストのライセンスを取得後、ハワイでSpaをはじめ、スポーツ選手のケア、カイロプラクターメディカルオフィスなどで修行を重ねる。 又、東洋セラピーの知識を得るために、タイやインドなどアジアの国々へ渡り、様々なバリエーションや技術向上に努め、再びカナダで、セラピューティック、クリニカルマッサージの知識を深める。

その後、スパトリートメントのスペシャリストとして、カナダで最高級の格式を持つホテルスパ ロイヤルヨークで活躍すると共にトリートメント講習会をカナダ各地、アジア等で開催。

日本に欧米のマッサージセラピーを広げるため、2000年来日し、フォレストスパ セラピストカレッジ”FSTC”を2003年に設立。日本にワールドレベルの本格的なセラピストを育成するために情熱を傾ける。

マッサージセラピーの魅力

当時、はじめて就職したカナダのスパで、アロマのリラクゼーションマッサージや、エステティックの施術を続けるうちに、ボディーマッサージへの関心がさらに高まり、西洋マッサージセラピーの勉強を始めました。
3歳からバレエを習いダンサーを目指していた私は、17歳の時に、怪我で挫折を余儀なくされた自分の経験から、単なるリラクゼーションマッサージだけでなく、私の様に体のコンディションや後遺症で悩む人々のために、お役に立てる様、クリニカルテクニックの習得を深く感じ始めたのです。一般のクライアントに対して、ストレスや、コリ、痛みなどの辛い諸症状の緩和は勿論ですが、その他ダンサー、スポーツ選手などの体のコンディショニングケアまで、西洋医療に基づいたセラピー技術を身につけようと志ました。

実際に欧米で“マッサージトリートメント”と言うと、リラクゼーションテクニックのみならず、欧米規定のスウェディッシュマッサージの上に、効果の高い療法テクニックを積み重ねたオイルマッサージが一般的な“マッサージ”として広く行なわれています。
しかも、決して“治療的”なイメージだけでなく、精神的にもリラックスきる様、リラックゼーションテクニックも多く取り入れながら、その中に、それぞれの症状に合わせた様々な療法クリニカルテクニックを使用していくものです。トータル的なバランスが取れ、高い効果を得られる、この整体とリラクゼーションが合体した、“西洋のマッサージトリートメント”の素晴らしさに、私は魅了されました。さらに、アロマテラピーや、ハーブなどの併用、又、東洋の指圧手技などと組み合わせる事もできるので、様々なニーズに対応できる幅広さが魅力です。

そのため、現在欧米では、マッサージ療法だけでなく、”健康”をコンセプトの一つとするスパなどでも、絶対に欠かす事のできない西洋マッサージのワールドスタンダードセラピーとして、深く浸透しています。
携帯や、ITの進化と共に、精神的、肉体的に過剰なストレスがかかるこれからの社会には、最も必要とされるトリートメントであると言えるでしょう。
是非日本でも、これらの素晴らしい西洋マッサージセラピーを、より多くの皆様方に、ご紹介し、ただ“気持ちが良い、あるいは痛い”だけの施術ではなく、癒されながら高い効果が出せる”本物の欧米マッサージトリートメント”の素晴らしさを、皆様にお伝えして行きたいと思います。

高齢化社会にむけて

欧米のマッサージ療法テクニックには、虚弱な組織にアプローチするソフトテクニック、コリなどをほぐすディープテクニックから、筋膜や結合組織へのアプローチ、リンパドレナージュ他、多様なテクニックが含まれますが、特に、高齢者などは東洋手技で、深いテクニックを使用したくても、骨の状態や病状などにより、圧がかけられない事があります。又、薄くなった皮膚に摩擦を起こさない様にしなければなりません。オイルテクニックの場合、圧をかけるのではなく、深い内部組織に浸透させていく事により、今まで東洋手技だけではカバーしきれなかった、より効果的な施術を行う事が可能で、施術の幅が大きく広がります。又、オイルや専用ローションを使用することで、高齢者の皮膚コンディションのケアにもなります。
仰向けでの脚部や膝のトリートメント、腹部のケア法、ごく弱めの圧で行うリンパドレナージュなど、指圧マッサージ等の治療家の方にも好評で、看護師さんや、介護、一般の方向けにも、広く活用できます。

大切な家族のために

私自身が、何よりもこの仕事をやっていて良かった。と感じた事は、年老いた母親のために、それらの技術を使い、毎日、自分の手でケアしてあげられた事です。腰や膝の痛み緩和や、その後、病気で寝たきり状態となってしまってからも、オイルトリートメントで、血行を促したり、ガスが溜まって苦しい時は、腸の動きを促進して楽にしてあげたり。と、お医者様やリハビリの先生と相談しながら、母のために精一杯、自分にできる限りのケアを施すことができました。

時々、マッサージしてよ!と、せがまれ、トリートメントをしてあげると、と病院のベッドに横たわりながらも、嬉しそうにいつまでも余韻に浸り、気持ちよさそうに眠りにつく母の姿。
母は、ついに天国へ旅立ってしまいましたが、”あ〜きもちが良い!楽になったわ!ありがとうね!”と言う母の声が、今でも耳から離れません。
大切な家族のためにも、私はこの技術を身につけられた事に、心から感謝しています。

いつかだれかの為に必要とされ、役に立てる“技術と心”を、これからのセラピストを目指す方々にお伝えしていく事が、私の使命であると、改めて実感しています。

私とForest Spa Therapist collage の歴史

〜 2000年当時 日本におけるセラピスト事情 〜

私、鈴木淳子は、2000年頃、日本のセラピストやスパの現状を見ようと思い、移住していたカナダから日本に戻ってみると、“クリニカルマッサ―ジセラピー”や”スパ“という言葉どころか、西洋の本格的なオイルマッサージを受けたことのある経験者も少なく、まだまだ日本に全く浸透していない現状に大変驚きました。

そこで、私は、日本で“スパ”や、欧米の本場のセラピー技術というものを紹介したく、葉山のお洒落なビーチ・カフェの2階に、夏の間だけ、海を一望できるテラスをお借りし、ビーチ・カフェの名前を取って、“Blue moon Spa”と名づけたその場所で多くの人たちに、初めての“スパ トリートメント”や”マッサージセラピー”を経験していただき、今まで受けたことのない本場の手技に感激していただきました。「スパって??マッサージセラピーって何ですか???」と毎日何十回も質問される中、『きっと3〜4年後には、日本でも知られる様になりますよ』と、お答えしておりました。スウェディッシュマッサージ、や、ロミロミ、ストーンセラピーなども紹介していましたが、その当時はまだ、日本では全く知られていなかったので、皆さんにはさぞ不思議な響きだったことでしょう。
しかし、当時の状況下では、日本で本格的な活動を開始するには早すぎ、これらを日本に広めたいという私の思いは、自分一人の力ではどうにもならず、もう少し時間の流れを待つために、一度カナダに戻ることにしました。

〜 2002年頃 日本に”スパ“の到来 〜

その後、2002年頃からようやく日本でもホテルなどで“スパ”が取り入れられる様になってきましたが、その多くは”アジアのスタイル”でした。つまり、設備ばかりが先行し、テクニックも上辺だけのものが多く、肝心なセラピストの教育がおろそかになってしまう、という現状です。

徹底したカリキュラムを持つ欧米と比べ、アジアでは、未経験者でも短期間で手順だけを1−2か月程度の短期で研修し、すぐにセラピストとして働いているわけです。
日本においても、この業界の歴史は浅いため、経験のある講師が非常に少なく、セラピストの育成が課題となりました。

〜 2003年 本格的な日本への帰国 〜

2000年に一時帰国した当時より、近い将来、スパやマッサージセラピーは日本に必ず浸透する。と確信した私は、まず始めに“スパ、セラピスト”をキーワードとし、地道に様々な媒体に働きかける活動を行いました。
2005年度あたりからメディア等で、ようやく“セラピスト”と言う言葉が頻繁に取り上げられる様になり、日本にもスパをはじめ、セラピスト業界が普及しはじめたのです。

『ワールドレベルの技術を持つ“セラピスト”を自ら養成していこう。少しでも多くの方に正しい技術をお伝えしたい』との強い思いで、2003年日本に長年の海外生活から日本に帰国し、本格的にセラピスト養成スクールを開講しました。

〜 アジアにおけるセラピスト教育の現実 〜

当時、私は並行し、インドネシアのバリ島で、スパトリートメントの講師等も致しておりました。バリニーズマッサージと言うと、バリに昔から伝わる伝統マッサージと思われますが、古来のものは、元々ジャワ島が元で、強めの東洋の指圧タッチのマッサージに、時にはハーブやオイルを使いながら行うトリートメントでした。しかし、西洋人観光客も多い“リゾート バリ島”のスパのイメージに合わないため、欧米のスウェディシュマッサージを取り入れ、指圧と組み合わせたトリートメントを作り、現在スパで行われている“バリニーズマッサージ”と呼ばれるものが、近年誕生したと言われています。
そのためには、西洋のセラピー技術が必要となり、欧米から多くの講師が必要とされ、当時私も講師として参加しておりました。新しいスパ時代に向けての、セラピスト技術改革や、商材検討が始まったのです。

ところが、間もなく、一大観光地として成長を続けるバリ島で、“スパ”やサロンの激増と共に、マッサージは価格競争となり、やがて人材が足りなくなると、インドネシア中の貧しい村から、低賃金で人を集め、何も知識がない人達に、とりあえずの手順だけ教えて、短期間ですぐにデビューさせて使う。それが近年の主流となってしまったのです。

日本は、その当時“セラピスト”や“スパ”業界はこれからの時代でしたから、どうか、このアジアンスパのスタイルではなく、欧米のアカデミックな技術を伴う本物のスタイルが入ってき欲しい。と祈るばかりでした。

しかし、その後、残念な事に、”癒し”や”リラクゼーション”がブームとなると、私の心配事は的中しました。
サロンなどが激増すると、とりあえずスクールやお店で、手順だけ習えば、すぐに誰でも簡単にセラピストになれる。と言う、このアジア的な風潮に流されてしまったため、“整体”“リラクゼーションマッサージ”と看板をかかげ、未経験者を数週間でサロンでのインスタント研修のみで働かせる店が乱立する様になりました。
技術が未熟なばかりではなく、自分の体を痛めてしまうセラピストの数が増え続けています。
そして仕事ができなくなれば使い捨て。
セラピストは、短期で誰でも簡単にできる仕事と言うイメージがどんどん定着し、このままでは、“セラピスト”のステータスが低下し、さらには低値段競争が進む一方です。

セラピストが初めての方には、私がこの様なストーリーをお話しした所で、現場を経験してみなければ実感がわかないかもしれません。
まず手っ取り早く現場にから。と思われる方も多いかもしれませんが、人の体を扱う事と、セラピスト自身の体を気遣う上で、いかに基礎土台と知識が本来重要であったのかを、いつかお気づき頂ける時来るでしょう。特に、将来独立を望まれる方や、長くお仕事をお考えのセラピストの方にとっては、尚更大切な事です。

単に手順を教えるだけなら、スクールなど必要ないと思います。しかし、的確にお客様のニーズにあった施術ができる本当の“プロフェッショナルのセラピスト”になるには、それなりのスキルがなければ、なかなか長く出来るものではありません。単なる“自己流”で終わってしまいます。又、力任せの癖がつくと、逆に修正するのに多くの時間がかかる結果となります。セラピストにおけるアカデミックなトレーニングの重要性を、日本の皆様方に、是非お気づき頂けます事を願っております。

  スウェディッシュマッサージとは >詳しくはこちら
  FSTCとは 詳しくはこちら
  セラピストを目指す皆様へ 詳しくはこちら



Responsive image
Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033 E-mail : info@forestspa.net
スクール・体験レッスンに関する、お問合わせ・ご予約は
TEL:050-3559-3033 または、メールフォームにて。
スクールコース紹介「リンパ、オイルマッサージ」等 海外研修コース紹介 「リンパ、オイルマッサージ、ボディートリートメント」等
講師紹介 セラピストマッサージスペシャリスト 在校生情報 リンパ、オイルマッサージ等のコースを受講しているスクール在校生感想
掲載メディア

Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033
E-mail : info@forestspa.net