トップページ > 在校生情報

在校生情報

○スクールの感想

高村さん

A.取得科目  B.スクール入学動機  C.スクールの感想
(JUNKO先生)学院長のコメント

高村さん
高村さん

A.スウェディッシュマッサージ ベーシック、ロミロミ
B.マッサージを受けるのが好きだった私は、将来自分も人を癒せる人になりたいと思う様になりました。
C.色々な学校に見学に行きましたが、手順だけを教える学校が多いなか、じゅんこ先生の熱心な指導と、先生の施術を受け、ここしかない?と入校を決めました。

授業はまったくの未経験の私にも分かる様に丁寧に教えてもらえるし、先生の例え方もとっても分かりやすく、身近なモノを使ったユニークな授業も面白いです(笑) 呼吸一つで相手の感じ方が違ったり、手技だけではなく、自分が気持ちよくなければ、相手もリラックス出来ないなど、目から鱗の授業がたくさんあって、驚きの連続でした。

生徒さん同士で交互にモデルになって、お互いの良い所や直す所を言い合ったりするので、仲良くなるのも早かった気がします♪

でも、もちろん上手くなるには練習も必要で、軸となる基本姿勢は常に出来る様に意識しながら復習したり、どこをマッサージしたいのか、どの筋肉に働きかけるマッサージなのかをきちんと理解しなければならないので、体の構造もしっかり勉強もします。 他の学校だと、ここまで勉強しないのかも知れません。 はじめてフォレストスパに見学をした時、ふくらはぎの授業をやっていて、先生はアキレス腱からどのように筋肉があり、決して目で見た中心線ではなく、筋肉の繊維に合わせて進まなきゃダメ!びみょうに角度や場所が違うから、そこを手で確認して。など、他にも、セラピストの指の向きと形、立つ場所などと、相当細かく説明があって、なるほど〜!とひたすら関心していました。その後、他の学校もいくつか見学へ行ったのですが、他ではふくらはぎの真ん中を、まっすぐ上に一本線!と、たったこれだけの説明で終わりでした。本当にスクールによってこんなにも内容が違うもんだと、びっくりしまいた。

勉強があまり得意じゃない私でしたが、フォレストスパでのこうした少しづつの積み重ねの日々が、お客様に「気持ちいい」と思って頂ける上達への道だと、今では本心で思えるからこそ、出来ないなりに頑張って勉強しています。

井口さん(セラピスト)
井口さん
井口さん(セラピスト)

A.スウェディッシュマッサージ ベーシック、ロミロミ、フェイシャル
B.30代後半になり将来に向け、一生の仕事にできる技術を身につけたいと思いました。
C.長くセラピストを続けるには、体を壊したくない。と思い、その様な方法や技術があるのだろうかと、色々なスクールに見学に行ったり、施術を受けたりしました。
そんな時、FSTCをホームページで見つけて、先生のお話や、体験施術、授業を見学してみて、これだ!!と思い受講しました。

先生は小柄で、手も細く小さいのに、入れるところはしっかり圧が入り、しかも鋭くなく、何か大きなものに包まれている様な心地良さで、本当に気持ち良いのです。こんなマッサージができる様になりたい!と思いました。 
しかし、スクールに入ってみて、それだけの技術を習得するには、かなりたくさん勉強し、練習しなければならず、特に基本や、セラピストの体を壊さないための体勢に関しては、できる様になるまで相当特訓でした。とにかく一生懸命練習して、なんとかボディーのベーシックコースを終了しました。
その後すぐに就職を決め、スウェディッシュマッサージのお店で働いてみました。
が、働いている方達やサロンの先生も、スウェディッシュマッサージを他のスクールで学んだと言う事でしたが、実際テクニックの数が少なく、皆、ほとんど手順で行うものでした。お店で皆と同じ事をやっても、お客様から、私は手のタッチがとても気持ち良いとほめていただき、その上、肩や、腰、首などお客様の辛い症状に対して、施術のテクニックやバリエーションにかなり感激され、本当に気持ちが良かったです。と、喜んでいただけたのがとても嬉しいです。

しかし、もっと施術の幅を広げたいと思い、お店を移り、次にリラクゼーションサロン働きました。しかし、そのサロンでは、そのサロンの決まった順番を教えるだけのところで、教える人でさえ、一つ一つのテクニックの目的や、意味を何も考えてもいないですし、質問しても、全くわかっておらず、言われた通りにやれば良い。と、ありきたりの同じ手順を客様にただ繰り返すだけでした。そこで、意味のわからない手技や、疑問などがある時には、スクールへ立ち寄っては、JUNKO先生にレクチャーしていただいていました。

まわりスタッフの人を見ていても、手順だけで仕事をしていると、毎日、毎回がマンネリ化してきて、機械的に手を動かしているだけの人が多かった気がします。 しかし、私は、ここでもFSTCの先生の言葉を忘れず、一回一回の施術で、常に課題を持っているので毎日が勉強でした。ですから私には退屈に感じている暇などは全くありませんでした。 ひとりひとりのお客様の状態を考えることによって、一生懸命手で感じようとすると、さらに手の感覚から体の組織の形、コンディションが感じ取れる様になってきました。必然的に何のテクニックを今使うべきかが、より考える様になりますし、指名もどんどん増え、益々このお仕事が楽しくなってきました。
忙しい時には、他のスタッフはみんな腰痛や、指がかなり辛そうで、かわいそうでしたが、私は一日6人ぐらい施術しても、通常の立ち仕事としての疲労感はありますが、特にどこが辛いなどとは感じませんでした。先生が一生懸命に教えてくださった基本の大切さの意味が今になってよくわかりました。

数年間で二つのサロンを経験してみて、自分に少し自信がつき、本当に一生の仕事にできると実感しました。今は自分の中で、将来いつか開業をしたいと考えています。 そこで現在は再びスクールへ戻り、今フェイシャルの勉強をしています。それが終わったら、いつか、アドバンスや、他の技術も少しずつ勉強して施術の幅を広げていきたいです。真のプロを目指してこれからも技術を積み重ねていきます。

藤原 由子さん(セラピスト)
藤原 由子さん(セラピスト)
藤原 由子さん(セラピスト)

A.アドバンスセラピスト
B.自信が持てる技術を身につけたい
C.私は、フォレストスパで学ぶ為に、関西から東京へ越してきました。
学校にくる前、私はアロマセラピストとしての資格は取得したものの自信が持てずにおり、お客様一人一人の状態にあわせた施術ができるようになりたい と常々考えていました。

悩み考えて、いくつか学校の見学に行ったり資料請求をし、フォレストスパにも見学にいき、先生の施術を体験し、この学校に通う事を決めました。

私は学生時代、運動部に所属し、上達するために、試合に勝つ為に、と毎日練習に励んでいた思い出がありますが、初めて見学に行った時に、この学校はそのような印象を受けました。
ここの授業は、毎日課題やテーマを置いて、みんな真剣に取り組みます。
そんな中で感動するのは、先生の情熱・熱意です。

先生の授業には、妥協という言葉はありません。
カリキュラムを教えれば終了する というような私の知っている学校の常識がここでは覆されます。

先生は、生徒の身体の使い方、癖から、ひいては心の状態まで見抜き、その生徒には今何が必要かを感じとったうえで、時には楽しく時には厳しく、一人一人の理解レベルや習得度合いに応じて根気よく指導して下さいます。

この学校に通うには、もちろん真剣な気持ちが必要だと思いますが、自分に納得のできる技術、そしてセラピストとして大切なマインドが身につくと確信しています

私はボディの淳子先生からもフェイシャルの角先生からも学んでいますが、こんなに細かく具体的に、熱心に、生徒が身につくまで教えて下さる先生方にお会いしたことはありません。

学校選びにはいろいろ迷い、学ぶ為に関西から東京に越してくる事もとても悩んだけれど、この学校に決めて、通えて本当によかったと、心から思っています。

未経験で、最初にこのスクールではじめられる方は、とても羨ましいと思いました。

プロのセラピストとしての心・技・体の習得を目指して、これからも通わせていただきます!

(JUNKO先生)
基本の土台をしっかり固めれば、過去に習ったテクニックも、それに合わせて修正していく事によって、より上手に使えるわけですから決して無駄になる事はありません。
ただ、藤原さんは、どうしてもいままでやっていた手順に沿って流れを決めて、手先だけで施術する癖がありますから、手元を見すぎて猫背になってしまうのです。
今までの固定観念を捨てて、まずクライアントの体の組織を手で感じようとしてみてください。

“手で感じる事”それはあなたの頭ではなく、心で感じようとする事なのです。いつも手を密着させようとして力を入れてしまうのですが、逆に、心で感じようとすれば手がリラックスして当たる面が多くなりますから、より多くのインフォメーションを客様のからだから感じ取る事ができます。そうすると、何故毎日ここで練習している正しい“体勢”と“力学”が大事なのか。必然的にわかってきますよね。その上で、今まで習ってきたことを効果的に組み合わせ、応用ができる様にトレーニングしましょうね。

杉山 こずえさん(セラピスト)
杉山 こずえさん(セラピスト)
杉山 こずえさん(セラピスト)

A.アドバンスセラピストコース
B.自分が納得できる技術を探していました
C.本当に入って良かった〜>< とここに来る度思います。私は以前アロマトリートメントやリンパドレナージュなど、3つものスクールに通いましたが、実践で使える技術をここまで詳しく丁寧に教えて下さったのはこのスクールだけです。

他のスクールでは教えてくれなかった、どうすれば指名につながるのか、どうすればより気持ちいいと感じてもらえるのか、効果があるのかを、先生自ら私たちの身体にマッサージする事で教えて下さいます。

私が実際に3つものスクールに高いお金をかけて通った理由は、自分の技術では足りないと感じていた事と、沢山のお客様に本当に来て良かったと言って頂けるような施術がしたかったからです。

リピーターになって下さる方はほとんどの方がとても疲れており、しっかりとした圧のマッサージを希望されていましたが、どこのスクールも、筋肉の位置の取り方や、その部位の禁忌、深い圧の入れ方までは教えてくれず、 何となく自己流で不安のあるマッサージを続けていました。

ただ、JUNKO先生だけが、実践で培った技術を元に、しっかりと筋肉に圧の入る姿勢や動きを、出来るまで丁寧に教えてくださっています。 基本として習う事が濃厚で、今までのスクールとは全く違います。そして本当に気持ちいいです。

私はFSTCに出会うまで、沢山のお金と時間を他のスクールに費やし、本当に後悔しています。初めてのスクールでFSTCに出会えている仲間を見ると、運がいいなぁ・・・としみじみ思ってしまいます。

私の経験ですが、先生と呼ばれる方の中には、ただスクールに通って、ほんの少しの実務経験や、ただ長く勤めていただけという方が多くいらっしゃいます。でもJUNKO先生は違います。

以前の私と同じように、スクールに通ったけど自信が持てないとか、実践で使える技術が欲しいとか、指名に繋げたいとか、より具体的な志がある方は、絶対にFSTCをお勧めします。

私は経験者ですが、変なクセがついてしまっていて姿勢を直すのが大変です。でも、正しい姿勢ですれば、”圧を無理に入れる” ではなく、”圧が自然と入るんだ!!” という事もJUNKO先生に初めて教えてもらいました^^

これからも先生やクラスメイトの一言一言を大切に、本やビデオだけでは絶対にわからなかった事を、自分のものにしていきたいと思っています。そして、先生初めクラスのみんなと教え合い、励まし合いながら習得した技術を使って、”この人に出会えて良かった”と思ってもらえるセラピストに必ずなりたいと思います^^

先生、クラスメイトの皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします♪

終了しても、卒業生のためのチケット制講習などもあるので、これからもずっと、長く、セラピストをやっている限り先生のご指導を受け続けたいと思います。

(JUNKO先生)
日本では、20代のうちでしたら若ければ技術下手でも雇ってもらえるサロンは、たくさんあります。
でもいつか人間は年重ねていきますから、その時にセラピストとしてお客様にいらしていただくには、信頼できる技術力と、心のこもった接客が出来なければなりません。それから、自分もいかに体に負担をかけないで施術する事ができるか。これがセラピストを長く続けるキーです。
最近外資系のホテルスパなどでは年齢ではなく、セラピストの技術や人間性を重視するところも増えてきましたよね・・・。
ここの卒業生の先輩で60歳を過ぎても自宅で開業されて、沢山のお客様に喜ばれて、生き生きと現役でセラピストをされていらっしゃる方もおられます。
杉山さんは、とてもあたたかいハートと、良い手をお持ちですから、きちんと勉強すれば一生人々に愛され、サロンだけでなく、介護や医療関係、その他様々なニーズに合わせてセラピストとして幅広く活躍できるでしょう!楽しみです。
今は、お勉強は大変ですが、一生を通じ誰かの役に立てるスキルがあると言う事は、これから生きて行く上で、自分の自信にもなりますし、とても有意義な事だと思います。

根本さん(セラピスト)
根本さん(セラピスト)

A.スウェディッシュマッサージ
B.私はエステティシャン、セラピストとして5年以上働いていますが、腰や手首を痛め悩んでいるところ、この学校を卒業した友人からFSTCを紹介されて、実際見学をしてみると、目から鱗でした。
私は技術力の向上と、基本姿勢を学び直すために、仕事を続けながら勉強をしています。
C.一回一回、来る度に新しい発見があります。 今まで、力や手先だけで無理に施術をしていて腱鞘炎になってしまいました。
FSTCで正しい姿勢を学び、今では毎日仕事をしていても、手や腰の負担が減り、とても楽になりました。
技術に関しても、応用がきく様になり、お客様にもとても喜ばれています。
ただ、長年の自己流の癖がついていたので、それを直すのにとても大変で時間もかかりました。
仕事をしながら週1回のスクーリングですが、技術を覚えながら、生徒同士みんなでほぐしあって、自分がマッサージに通う感覚で楽しみながら学校に来ています。

もうすぐベーシックのコースが終わりますが、しばらくして少しお金をためたら、アドバンスのコースを習いにまたスクールに通いたいと思っています。

今、私は、再びボディーマッサージのアドバンスのクラスへ入学しました。
ベーシックとは違い、個別の筋肉へのアプローチや、トリガーポイント、筋膜など、様々なアングルからアプローチしていきますが、仕事中、お客様に習ったテクニックをやってみると、いままでよりも、格段にその効果を、やっている側もお客様の側にもとてもよくわかり、すごい!!全然違う!!!と感じました。

今まで、長年セラピストをしてきましたが、からだの構造をこれほど深く考えて施術していませんでした。
でも、このスクールに来て、ベーシックを習い、現在アドバンスコースをとりながら仕事を続けていますが、最近たとえか体の大きさが違っても、同じ様に筋肉があり、その細かい凹凸や、形など、手でわかってくる様になってきた事、それに対して今習っているさらに効果的な手技を色々使ってみたりと、お客様に合わせて、少しずつアレンジがきる様になってきた今、とても楽しいです。
また、何年も悩んでいた腰痛や腱鞘炎が、ベーシックコースをFSTCでとり始めてから、症状が出なくなり、仕事をしていてとても楽です。
ただ、今だに時々悪い癖に無意識に戻ったりする事がるので、たとえ卒業して、全てコースを終了した後でも、まだまだチケットで時々スクールに来てチェックしていただきたいです。
あと、お客様を施術しながら、わからない事がでてきたら、またその時々で教えてください。

(JUNKO先生)
初めていらした頃より、とても滑らかな浸透する様なタッチに生まれ変わってはきましたが、まだ癖が完全に直りきっていませんね。
今までの癖が出て、つい手先だけに力を入れ動かしてしまうと、体制が崩れ、良い効果が出ません。
特にアドバンスの細かいテクニックでは、手を当てて、それに対しての自分の立ち位置や、お臍の高さ、手の角度や体の軸など、常にピタッ!と決められなければ正しくトリートメントができないのです。

“ボディーメカニクス”正しい体勢。つまり、施術を行うクライアントの体の部分に、セラピストの使用する手の部分から、腕、そして体のセンターへ至るまでの“軸”を安定させる。このセンターバランスを確実に合わせることができれば、体の中心から手に圧や動きが確実に、無駄なく伝える事ができます。
常にこの力学を意識する。と言うことを忘れずに毎回施術してみてください。そのうちに、考えずとも自然にぴたりと無意識にできる様になる日がきますから!
そうなると、手が常に正しい位置や方向に当たっていますから、より密着感や浸透感が増し、皮膚の下にある筋肉のコリや繊維の状態、あるいはリンパ等の浮腫みの状態や筋膜のひきつれなど、様々な異なった個別の組織の状態が今よりもっと細かく、手に感覚として伝わってきますので様々なアングルからお客様のコンディションに対して、より効果的なのアプローチを毎回もっと考えながらお仕事をする様になります。
一回一回の施術に、もっと充実感が出てきて、きっと今以上にお仕事が楽しくなるでしょう!

この様に毎日考えながら施術を続けて行くと、様々なお客様のケースによって、いつも新たな疑問がたくさんわいてきます。
その都度、何だろう??どうやったら良いのだろう??と勉強して疑問を解決していきます。
そうやってセラピストは一生成長し続けて行くものなのです。

昔の様に、ただ決められた手順だけを、毎日、毎回、同じ様に繰り返して、あまり考えずにトリートメントして来た頃とは格段の違いですね!
ただし!根本さんの場合は、セラピーテクニックだけに没頭し、リラクゼーションテクニックのリズムやタッチをおろそかにしてはいけませんよ!!アロマや、オイルマッサージを選ばれるお客様は、効果と同時に、オイルマッサージ特有のリラクゼーション感を求めていらっしゃるのですから。

はい!勿論卒業してからも私でお答えできるものは、いつでもアドバイスいたしますので、遠慮せずにいつでもスクールにお立ちより下さいね。

大塚さん(OL)
大塚さん(OL)

A.スウェディッシュマッサージ
B.以前から、セラピストの仕事にあこがれていた
C.私はマッサージを受けるのも好きで、時々気になるサロンやスパに受けに行っていましたが、FSTCで学んでからは、どこで受けても先生の技術の素晴らしさをただただ実感するばかりです。
先日、雑誌やマスコミで紹介されているSPAに行ってマッサージを受けたのですが、こんな有名なところなのに、しかも、2万円もしてこの技術なの?と、とてもがっかりしました。
これだったら、今のスクール生同士でマッサージしていた方がずーっと上手だと思いました。
そういえば、既に卒業されて、現在働いている先輩方が、時々スクールに遊びにいらして、[FSTCで先生の言う事をちゃんと聞いて身につければ、間違いないから!!卒業してどこのサロンに勤めても、トップ技術のセラピストになれるよ。FSTCのレベルを、自分が働く様になってからとても実感しました。]と話してくれた事を思い出しました。
又、[卒業して初めてのセラピストとしての就職にもかかわらず、経験者のスタッフより、ずっと上手だ!と言われ、ウチの会社で先生をやってもらえませんか?といわれた。]などと言う先輩のお話しを聞くと、私も頑張れば、先輩達の様になれるのだ!と、なんだかとても意欲がわいてきます。
今は一つでも多く、先生の教えてくださる事をちゃんと習得ることだと思い毎日頑張ってます!
FSTCで勉強できた事が、今後のセラピストとしての自分への大きな自身になりました。
先生に出会えたことや、FSTCに通学している、楽しく志の高いみんなと一緒に学べたことが本当に嬉しいです。

(JUNKO先生)
技術もタッチもかなり上手になりましたね。
もうすぐ卒業ですが、ただ一つだけ忘れないでください。
どんなに上手な技術があっても、それをお客様に強要する施術になってはいけません。
どの様なセッションにするかはお客様のご希望が一番。次に、セラピストの所見。そしてコミュニケーション。
セラピストは、一日に何人もお客様を施術しますから、毎日当たり前の事でマンネリ気分になってしまっているセラピストに時々出会いますが、お客様にとっては、月1度。あるいは、何ヶ月に一度の唯一の楽しみの“大切な時”なのです。
又、ストレスやお疲れで、助けを求めていらっしゃるのです。
一回一回のセッションを、新たな気持ちで、ひとりひとりのお客様に大切に心をこめて接してください。
今後のご活躍楽しみにしています。

松田さん(保育師)
松田さん(保育師)

A.スウェディッシュマッサージ・バリニーズ (海外研修)
B.ここの卒業生に紹介されて、彼女みたいな心のこもった上手なセラピストにあこがれました。
C.日本でここまで西洋の基本セオリーと技術を教えてくれるところは、他に無いと思います。その分細かいところまで他のスクールより習う事がとてもたくさんあり、友達にちょっと厳しいよ!とは言われたけど、きちんとした技術が身につくと思いました。
確かに厳しい面もありますが、真剣な反面、普段はいつもみんなの笑いが絶えず、和気藹々とした、とても楽しく和やかな雰囲気が良いです。
JUNKO先生の教え方は、動きを日常の動作に関連付けて、様々な例えで表現してくださいます。だから、難しい動きでも、言われたとおりにイメージすると、さんざんわからなくて苦労していたテクニックが、うそみたいにすぐに出来ちゃったりするのです。(JUNKO先生のその表現が、とてもユニークで面白いです!!)

先生と一緒に行った、バリの研修もすごく楽しかったです。いっぱい勉強して、いっぱい遊びました。
又、夏には葉山の一色海岸で2ヶ月限定SPA(FSTCのスパのブース)。そこで、セラピストとして、初デビューの経験もしました。
通常のスクールでは味わえない良い経験をたくさんさせていただきました。
卒業生の方達も、何年たっても気楽に遊びに来られる環境がいいです。そして悩んだときはJUNKO先生や角先生がいつもアドバイスをしてくださる。卒業してからも、とても心強いです。
もう少しでコースも終了し、群馬に帰ります。将来は保育師としての経験も生かし、地元で、お母さんが子供を連れて気軽にマッサージを受けていただけるサロンを開業するのが夢です。

(JUNKO先生)
私が、何故時々強く言葉を強調して繰り返すかわかりますか???それは・・・・・・
その言葉を頭の中に残してほしいからなのです。卒業しても忘れてほしくないから・・・・。デビューしてお客様に入る様になったら、施術に関して、もうだれも指摘してはくれません。
でも、それぞれの悪い癖は人様々で、自分では気づかずに、無意識のうちにやってしまっている事があるのですよ。
いつも自分で気をつけて、完全に体で覚えてなおしてしまわないと、ふとした時に出てしまうのです。
ですから、注意されたところはノートに書いていつも思い出して、確実に身に着けてくださいね!! 人の体に触るという責任を決して忘れずに。
群馬でのサロン楽しみにしています。 他の群馬の卒業生の方とも協力しあって、開業できるといいですね。その時はみんなで相談しましょう!

巣瀬さん(OL)
巣瀬さん(OL)

A.スウェディッシュベーシック、アドバンス、フェイシャルベーシック、アドバンス ロミロミ(海外研修)
B.手に職をつけたくて、セラピストのお仕事にあこがれていました。HPを見て、見学に行き、一人ずつ丁寧におしえてくださるのを見て、FSTCで勉強する事にしました。
C.私は体が小さく、150センチしかないので、マッサージができるか心配だったのですが、JUNKO先生にお会いしてみると、私よりずっと小柄でした。
でも、先生の施術を受けると、想像もつかないほど大きな手で包まれる様な、とても大柄な人にマッサージされている感覚なのです。
先生を見ていたら、体がきゃしゃでも、こんなに上手にできるのだ。と、大きな希望がわいてきました。
そして、スウェディッシュのベーシックが終わった頃、スクールのハワイの研修に参加してみて、セラピストとしての精神面でも大きく成長できました。今まで、理論や定義どおりの事しか考えられなかったのですが、先生がよくおっしゃる、理論も勿論大切だけど、それだけでなく“自分のマインドをオープンに、おおらかな気持ちをもって、手でお客様の声をききなさい。”“ハートが大切よ。”と言う言葉の意味が実感できました。
先生は、昔、ハワイのマウイ島でもセラピストをされていたと聞きましたが、先生のスピリットをいままでより深く理解できた気がします。
現地のマッサージスクールで、学生のクリニックの施術も体験してみましたが、施術が終わった後、みんなの感想は “私達の技術、アメリカの学生たちと比べても、全然ひけをとらないと思わない???そりゃ、まだ習っていないアドバンスの手技もいくつかあったけど、全体的なイメージだったら、私達のマッサージの方がもしかして、気持ちいいかも??中には上手な人もいたけど・・・・。よくJUNKO先生に、”末端を丁寧にしなさい!“といわれたけど、丁寧さなんかは、うちらの方が絶対上だよね!“ と話し合い、自分達は本場のアメリカのマッサージ学校と同じ、あるいはそれ以上の事を日本で教わっていたのだ!と今さらながら、改めて実感しました。

私は今、ボディーのコースを終了し、同じFSTCのクラスメイトで開業された方のサロンで、パートタイムで働かせていただきながら、引き続きフェイシャルのコースを続けてとっています。お客様からも、上手ですね!と言われて、とてもうれしいです。
FSTCはあまり宣伝を出していないので、HPを見て、偶然にもこのスクールに出会えて、ここで教えていただく事ができて、とてもラッキーだったと思います。
これからも自信を持ってセラピストとしての道を歩んでいきたいと思います。

(JUNKO先生)
私は、身長143cm。巣瀬さんよりずっと小さいですし、体重も40kgありません。
それでも、アメリカやカナダで、私の3倍以上も体重がある人や、身長が2メートルぐらいある、大きな男のクライアントも毎日施術していましたから! 力学を考え、体の大きなお客様でもいかに体重を有効的に使って、楽に効果的に安定した圧を調整できるか。
又、巣瀬さんみたいに、手が小さくて、指が細い人は、特に包み込む動作において、人より指を大きく開き、可能な限り広い面を密着させる事を忘れないでください。
戻りも“大きなカーブ”を少し誇張するぐらいの感覚でクライアントの体のラインを大きくとらえる事です。時々私に注意されている事、覚えていますか??
絶対に小さな手で、小さな動きをチマチマやっては、だめですよ!!
前腕を使うテクニックなども多めに取り入れると良いでしよう。
体や手が小さい人は、人一倍努力して研究しなければならない面もありますが、色々な事を考えているうちに、きっと技術力もそれに伴ってどんどん向上していきますよ。

森さん(セラピスト)
森さん(セラピスト)

A.スウェディッシュマッサージ
B.以前、サロンに働いて、アロママッサージをしていました。
同僚の友達は、とても上手な技術で、いつも沢山の指名をもらっているのを見て、うらやましく思っていました。どうしたら上手なマッサージができる様になるのかと悩んでいると、その友達が卒業したスクールを、すすめてくれました。もう一度勉強し直して、上手なセラピストになるために、頑張ります。
C.とてもアットホームで、皆が和気藹々として授業を受けているという感じです。マンツーマンの様に、先生方がしっかり見てくださるので、安心してレッスンを受けられるのがとても良いです。先生の教え方がとてもユニーク!!頭で考えてしまい、なかなか上手くできない時も、日常にしている動作や、身近なものを使って、身体の動きを教えてくださるので、とてもわかり易いです。次はどんな例えが出てくるのかが楽しみで、先生の教え方の“とりこ”になっています!
(JUNKO先生)
正しい基本や定義を知らないまま、何年ボディーマッサージをつづけても、いまひとつお客様に満足していただけず、悩んでおられる方は、世の中に沢山いらっしゃいます。
森さん自信、今までの体勢や、立つ位置、その他、ほんのちょっとした事を直されるだけで、こんなにも感触が違ってくるんだ!!という事を、今、ご自身で強く実感されていますよね!これらを、しっかり身体に覚えこませてください。
卒業して、お仕事に戻られた時には、きっと今度はお客様からいっぱいご指名いただける様になりますよ。楽しみですね!

関崎さん(OL)
関崎さん(OL)

A.スウェディッシュ マッサージ、リフレクソロジー
B.現在OLで、事務仕事をしていますが、いつか技術を身につけて、転職をしたいと考えていました。セラピストに関して、全く知識がありませんでしたが、思い切ってスクールに通ってみました。
C.仕事が忙しく、他の方よりだいぶ時間がかかってしまいましたが、できる様になるまで、先生がしっかり指導してくださるので、本当によかったです。今は、マッサージがとても楽しく感じます。
今すぐには、現在の職場を辞められないので、それまで忘れてしまわないか、とても心配でしたが、コースが終わっても、OJTやチケット制で練習を続けて良いとの事なので、とても安心してます。
(JUNKO先生)
時間が空いて、手を動かしていないと不安になってしまうので、セラピストデビューするまで、時々練習してキープアップしてください。

渡邉さん(鍼灸師)
渡邉さん(鍼灸師)

A.スウェディッシュ(セラピューティックコース)、フェイシャル
B.身体の痛みを和らげる手段として西洋医学、東洋医学、薬を内服する.事等いろいろな方法があります。
私自身は学生の頃、鍼治療と出会い、鍼灸師として人の身体に触れるようになってから、物質(鍼)ではなく自分の手で直接痛みにアプローチしたいと思うようになりました。スウェーデンマッサージと呼ばれている手技が学びたいものに近いことを知りましたが、本を読んだだけでは実践するにはいたらず、途方に暮れていた時、FSTCの先生方と出会ったのです。
C.入学をして本当に良かった!!と感じています。通常の、テキストがあってやり方があって、それをマニュアルどうりにひととおりやって終わり・・・という教え方ではないからです。
先生方はひとつひとつ個人別に、納得が行くまで指導をして下さり、単にリラクゼーションだけではなく、目的に応じて、治療家向けの専門セラピーテクニックも指導してくださいます。
又、生徒一人一人のやり方を見て、どうすればもっとより良く施術できるようになるかを教えて下さるのです。患者さんに対してのアプローチに加えて、施術をする側(自分)の身体を壊さないための指導も充分に行って下さいます。これからもずっと鍼での治療やマッサージセラピーを続けて行きたいと望んでいる私にとって、先生方やこの学校との出会いはかけがえのないものであり感謝をしております。
(JUNKO先生)
オイルマッサージと言うと、日本ではまだリラクゼーションのみのイメージがありますが、欧米では、マッサージセラピーと呼ばれ、日本で言う、国家資格の治療家と同様の立場にあります。潤滑剤を使用することにより、今までの手技に、さらに様々な新しいテクニックを加える事ができますので、施術の幅が広がります。但し、オイルを使用する際の圧のかけ方、手の使い方など、東洋手技にはない動作の基本があるので、はじめは戸惑いますが、それさえマスターしてしまえば、現在お持ちのクリニカルマッサージ等の西洋テクニック教本なども、有効的に活用できる様になります。

濱田さん(教員、心理カウンセラー)
濱田さん(教員、心理カウンセラー)

A.スウェディッシュマッサージ、フェイシャル、バリニーズ
B.家族のコミュニュケーションを図るために始めました。
私の娘は、精神的原因で、数年前から心を閉ざしてしまったのです。ところが、ある日、簡単なマッサージを娘にしてあげた所、それがきっかけとなり、少しずつ心を開きはじめてくれました。あらためてマッサージの素晴らしさを実感し、自己流ではなく、しっかりと勉強して、娘や同じ境遇の人々のお役に立てればと思いました。
C.私は、学校で教師をしております。鈴木先生が他のスクールの先生と違う所は、技術も優れていて、教えるのもとても上手なのは言うまでもありませんが、まず一番に、“教育者”であるということです。
ただ技術だけを教えるのではなくて、精神面からしっかり指導してくださるのです。生徒さん一人ひとりに対して、この人はどうしたらできるだろうか。と言うことを考えて、その人にあったアドバイスをしてくださいます。
生徒さんを育てるのが上手な、“本当の教育者”であると思います。
(JUNKO先生)
私自身海外に住んでいた頃、とても素晴らしい先生方や職場の先輩にめぐり合うことができ、沢山の事を深く学ばせていただきました。それらの真のセラピストの技術と魂を、今度は私が皆様にお伝えする番だと思っています。

篠塚さん(介護士)
篠塚さん(介護士)

A.スウェディッシュマッサージ、フェイシャル、バリニーズ
B.介護の仕事の傍ら、リフレクソロジーのセラピストとして、働き始めてから、7.8年が過ぎ、以前から興味のあった全身トリートメントを習い、仕事の幅を広げたいと思い、思い切って始めました。
C.先生方はフレンドリーでありながらも、ビシビシと一人ひとりにあったトレーニングをしてくれます。しかし、私は、仕事やその他で途中来られなくなり、習ったこともすっかり忘れて、そのうち、ついに期限が過ぎてしまいました。一瞬あきらめたのですが、先生に相談すると、その後もチケット制で、できる様になるまで指導してくださる!との事なので、とても“ラッキー”と思いました。普通、期限が過ぎたら、それで終わりですよね?すごい親切なシステムだと思いました。先生ありがとうございます。卒業目指してがんばります。
(JUNKO先生)
せっかく進もうと決めた道です。お時間がかかっても、最後までしっかり仕上げましょうね。きっと、介護のお仕事にも役立つはずです。心のこもった手は、人の心に温もりを与えてくれます。

中西さん
中西さん

A.スウェディッシュマッサージ
B.以前、他のスクールでスウェディッシュマッサージを学んだのですが、物足りなさを感じていました。もう一度、基本からしっかり学び直し、さらに応用 知識を身につけたく、このスクールに再度入学いたしました。
C.単なる手業ではなく、どうしたらお客様に満足していただけるか。そのことを常に考えて技術指導をしてくださる鈴木先生からは施術の基本を学びました。その基本を学べたことはセラピストの一歩を踏み出した私にとって一番大切な財産になると確信しています。
(JUNKO先生)
良いところに気づかれましたね。そう、セラピストは、自分の持っている“技術や知識の一方的な押し付け”の施術になってはいけないと思います。まず、お客様の気持ちを考え、それを感じようとする“心”が大事です。将来ベテランになって、どんなに知識が豊富になったとしても、このハートだけは一生忘れないでくださいね。

越坂部さん
越坂部さん

A.フェイシャル スウェディッシュマッサージ バリニーズ
B.5年後、今の仕事が定年になるので、それまでにスキルを身につけ、自宅開業 ができればと、新しい将来をめざしています。現在仕事をしているので、スケジュールが自由に組める学校が良いと思いました。
C.体に負担をかけず、無理のかからない姿勢を勉強すれば、年齢に関係なくできるお仕事だと言う事を知り、若い人達に囲まれ、一生懸命がんばっています。最初は大変だと思いましたが(足が筋肉痛でした!)習って行くうちに、だんだん勉強するのが面白くなり、今では、楽しくて楽しくて・・・!!先生には、私の覚えが悪くて、申し訳ないと思うのですが、根気良く何度も繰り返し教えてくださり、とても有難く思います。今は、自宅の一室で、先に終了したフェイシャルメニューから、スタートしました。
ボディーのマッサージも頑張って終わらせて、その後も、色々なメニュ−を増やして行きたいと思ってます。
(JUNKO先生)
フェイシャル、お客様にとても喜ばれていらっしゃる様ですね。まずは、第一ステップ、大成功!!
その調子で、ボディーの方も頑張りましよう。決して無理をせず、一つ一つ、着実に仕上げていってください。

松沢さん
松沢さん

A.スウェディッシュ ロミロミ バリニーズ
B.エステサロンでフェイシャルをやっていましたが、ボディーマッサージを勉強し、スパに就職したいと思っていました。色々な学校を見学しましたが、少人数でほぼマンツーマンで教えてくださるところに引かれ、このスクールに来ました。
C.できないところは 時間をかけみっちり教えてくださり、又一つ一つの仕儀を掘り深く色々なテクニックで教えていただける点がとても良かったです。たまに、自分でもマッサージに行きますが、スクールでのアイモデル練習の方がずっと気持ちよかったりしてしまうので、つい寝てしまう時もありました。
ハズレのお店などにあたると、圧の入れ方、筋肉のつき方など、私はしっかり教わっているんだ・・・と実感してしまいます。私はこの先、なんだかの形でマッサージに携わっていくと思いますが、手技に限らず、心からトリートメントする事を教わり、鈴木先生をはじめ、このスクールの先生方と出会えたことは、とても大きなものになっていくと思います。
(JUNKO先生)
憧れの高級SPAで、しかも指導スタッフと言う良いポジションをいただけ、私も、自分の事の様に嬉しいです。本当によく頑張りましたね!これからの益々のご活躍、楽しみにしています。

斉藤さん(主婦)
斉藤さん(主婦)

A.フェイシャル
B.このスクールに通っているお友達が、最近とても生き生きと、若返っていくのを見て、私もフェイシャルを学んでみようかなと思い、お友達にご紹介いただきました。卒業後は、私も自宅の一室での開業を目標に頑張っています。
C.自分に自信がもてる様になりました。
だめかな、と思いながらも先生方に教えていただいて、だんだん身体で覚えていくと、私にも若い人と同じ様にできるんだ、と自信がでてきました。
わからない事があると、先生やクラスの若い方がいやな顔ひとつせずに親切に助けてくれます。はやり先生方のお人柄のおかげでしょうね。
それから、今まで自分がエステに通っていた分のお金で、技術は身につくし、さらに自分の顔もモデルになってトリートメントしてもらえるので、何だかとっても得した気分です。
(JUNKO先生)
夢を持って、生き生きと輝く!それが何よりの“若さ”の秘訣かもしれませんね!
ご自宅での、サロンご開業、楽しみにしています。



Responsive image
Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033 E-mail : info@forestspa.net
スクール・体験レッスンに関する、お問合わせ・ご予約は
TEL:050-3559-3033 または、メールフォームにて。
スクールコース紹介「リンパ、オイルマッサージ」等 海外研修コース紹介 「リンパ、オイルマッサージ、ボディートリートメント」等
講師紹介 セラピストマッサージスペシャリスト 在校生情報 リンパ、オイルマッサージ等のコースを受講しているスクール在校生感想
掲載メディア

Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033
E-mail : info@forestspa.net