トップページ > セラピストを目指す皆様へ

セラピストを目指す皆様へ









○セラピストを目指す皆様へ
〜Forest Spa Therapist Collegeの指導コンセプト〜

こんにちは。フォレストスパ セラピストカレッジ学院長 鈴木淳子と申します。
当カレッジに興味を持って頂いた皆様へのメッセージとして、少しでも多くの方々に、本物のマッサージセラピストについて関心を持って頂ければ幸いと思い、アドバイスをさせていただきます。

セラピストに興味はあるけど、色々な種類があって、何から習って良いのかわからない

日本では、西洋のスパトリートメントや、西洋マッサージセラピーにおいての歴史はまだ浅く2008年頃にかけ、ようやく一般的に広く知られる様になったばかりです。そのため、、欧米の様なセラピスト教育システムが未だ確立されておらず、スウェディッシュマッサージ、アロマテラピー、ロミロミマッサージ、筋膜セラピー、リンパマッサージ、トリガーポイントセラピー、○○マッサージ、○○療法、○○整体 ○○式 etc.................. など、基礎のものから、プロ向けの療法アドバンス手技、さらには、自己流手技までが全く一貫性を持たず、バラバラと無秩序に混在している状態です。

欧米水準のセラピスト教育であれば、通常のカリキュラムに含まれていて当然であるマッサージテクニックの中で、たった一部分にしか過ぎないテクニック要素を、細かく切り取り、あたかも1つのマッサージの種類であるかの様に個別に独立させ、基礎もないまま教えるコースが沢山存在しますから、やたら種類が多く感じてしまうのです。これでは、せっかくセラピストのお仕事に興味を持たれたものの、“いったい何から始めたら良いの??”と、悩まれる方が多いのは当然だと思います。



この一枚一枚の木の葉の様に、日本では様々なマッサージの種類がある様に思われがちですが、本来この様に、無秩序に散りばめられた状態で存在すべきではなく、それぞれ基礎から中級、アドバンス、専門分野に至るまでの段階があり、さらに各セラピストの方向性に応じた専門テクニックまで、きちんと分類されているべき物なのです。

又、それぞれの手技は単体で施術するのではなく、確実な基礎教育の上に、テクニックを相互活用されなければ、本来の意味をなさない物も多くあります。



セラピスト学習で、最も大切な事は、基盤となる“ワールドスタンダード教育”(欧米の先進国共通の基礎教育。スウェディッシュマッサージも中に含まれる)で、まず確実な基礎を作る事です。
木の葉一枚ずつが散在するのではなく、葉はしっかり木の枝に連結されていなければなりません。
この絵の“木”の様に、徹底した基礎教育でしっかりと根を張り、太い幹を成長させ、はじめてその先で、療法系、リラクゼーション系、又はスピリチュアルなど、それぞれが目指す方向に枝分かれしていきます。
さらに必要に応じて、個別のテクニックバリエーションで、“葉”を増やしながら“セラピスト”と言う一本の大きな木”を成長させ続けていくべきものです。

欧米のセラピスト先進国では、この大きな“幹”の部分。つまり基礎カリキュラムが、かなりのボリュームで徹底されおり、ワールドスタンダードとして、きちんと確立されているのです。
しかし、日本やアジアの多くのセラピスト教育では、この幹に当たる一番大きな大事な基盤。共通の基礎学習が、徹底されていません。
いきなり人の体で、順番を教えられ、各手技が成す意味もあいまいなままトリートメントを行う、“葉っぱ一枚分だけの知識と施術”だけで施術を行っているセラピストが非常に多く、欧米のマッサージ先進国から見たら、まだまだ遅れている状況です。
きちんとした効果を出せ、上手な繊細タッチができるセラピストになる為には、はじめにベースを構築する事が、プロとして、不可欠なのではないでしょうか?
是非日本のセラピストの方々にも、流行的なマッサージトリートメントだけではなく、学習基盤とステップがあるという事を知っていただき、世界に通じる本物のプロセラピスト技術を正しく学んでいただきたいと思います。

〜日本における西洋のマッサージトリートメントの誤解〜

日本やアジアで、メディアの影響もあり、オイルマサージトリートメントは“リラックス色”のみが、全面に押し出され、多くのサロンやスクールでは、オイルを塗布し、作られた手順通りに手を滑らせる“オイルで体を撫でられて気持ち良いだけのマッサージと誤解”されている傾向があります。
が、本来の西洋マッサージセラピーとは、リラクゼーション+血行やリンパなどの循環、ほぐし、整体、療法効果が、全て含まれている、“効果の高いマッサージ”なのです。

それには、人の体に触れ、セラピストの手でクライアントの個別の筋肉や、内部組織の状況、コンディションを、細かく把握できなければなりませんし、同じクライアントでも、コンディションは毎回違い、それぞれ左右差もあるわけですから、都度状況に応じて部位毎にテクニックを使い分けて施術をできる、それが本当のプロのマッサージセラピストです。それには、手順を丸暗記しただけの知識ではなく、十分なセラピスト教育と技術トレーニングが必要となります。

例え、“リラクゼーションを重視したマッサージセラピスト”になるとしても、最低限の体を触るマナー、力学や禁忌など、基礎だけは、確実に習得していただきたいと感じます。
スタンダードの基礎があれば、ステップアップしたい時の土台となるからです。

セラピストにご興味をお持ちの皆様に、是非一度FSTCの授業風景を実際にご見学頂き、“セラピストに関する良いアイディア”をお伝えできましたら幸いです。

▼ 〜あなたはアロマ=オイルマッサージだと勘違いしていませんか?〜
▼ 〜流行に流され続ける日本〜
▼ 〜ブームに流されない技術とは〜
▼ 〜スクール選びの重要性〜

日本では、リラクゼーションの流行から、オイルマッサージ技術よりも、アロマの精油が先に入ってきてしまったので、アロマセラピー=西洋のオイルマッサージと大きく勘違いをしている人達がたくさんいます。しかし、アロマテラピーというのはあくまでもマッサージがメインなのではなく、精油に対する学問。つまり精油の成分やリラックスを含む芳香、化学的作用を学ぶ事がメインです。そのブレンドしたオイルを皮膚から浸透させるために全身に塗布する際、西洋のマッサージテクニックの大きなカテゴリーの中から、ソフトテクニックの一部を用い、リラックス効果に働きかける軽いタッチのトリートメントです。従って”マッサージ手技”をメインの目的として行うものではありません。

その証拠に、欧米のスパなどを見ると、”マッサージ”と言う通常の“スウェディッシュ&マッサージセラピー”メニューがあった上で、それとは別に、バリエーションメニューの中の一つとして、アロママッサージトリートメントをはじめ、ストーン、ロミロミなどといったその他のボディーワークメニューと呼ばれるものが存在します。
勿論通常の”マッサージ”でも、クライアントの希望によっては精油を使用する事もありますからアロマテラピーの知識も大切なスキルの一つですが”マッサージ”をメインとする場合はその技術内容や、手技、テクニックの量などがアロマテラピーに用いるマッサージとは圧倒的に違います。

しかし、日本ではあまり知られていないので、アロマのテクニックがオイルマッサージの全てだ。と思い込み、西洋のオイルサージ=アロママッサージと誤解している人も多いのではないでしょうか?

〜アロマテラピーにおける日本での矛盾点〜

アロマテラピー本来の精油の勉強をされ、その専門の道に進まれる方なら良いのですが、日本の矛盾しているところは、せっかくアロマテラピーで精油の知識をたくさん勉強したにもかかわらず、いざ就職してみると、あらかじめお店で数種類のアロマオイルが既にブレンドされており、それをお客様に選んでいただくだけ。メインの仕事が”マッサージ“トリートメントと言う状況も多く、かなり本格的なアロマ専門店で働かない限りは、アロマの知識よりも”マッサージ技術”が要求されて、せっかくのアロマの知識が活かしきれないのが現実です。しかも、ソフトテクニックしか使用しないはずのアロママッサージトリートメントなのに、実際にお客様に入って仕事をしてみると、圧を強めに。コリをほぐしてくださいと、様々なマッサージテクニックを要望され、ディープテクニックのやり方もわからないまま自己流かつ無理やり力で施術し、セラピストが手や腰を壊したり、お客様をもみ返しにして傷つけたりと言う問題が頻繁に起きています。
”オイルマッサージ技術”を学びたくてアロマの学校に行ったけどテクニックが少なく、マッサージ技術が物足りない。“と悩むセラピストが増加しています。
はじめに“アロマの精油”自体の学問を学びたいのか、マッサージ技術をメインとして学びたいのか。目的を明確に持ち、効率よく学習する事が大切です。
もし、マッサージを主とするセラピストのお仕事をお考えであれば、精油の知識と共に、お客様のニーズに答えられるマッサージ技術にも力を入れて学ぶべきかもしれません。

日本は、メディアの影響が強く、何かが流行ると、すぐに火が着きブームが去れば、あっと言う間に忘れ去られてしまいます。
以前、フットマッサージが大流行し、手に職を。とスキルを求めてたくさんの人達が、リフレクソロジーや足裏マッサージを学び、”フットマッサージ”だけで仕事が成り立っていた時がありました。しかし、数年後、ブームが去ると、あっという間に、たくさんあったフットサロンが姿を消し、食べて行かれなくなったセラピスト達は、また新たに高い学費を支払い、別の種類を身につけなければなりません。

デトックス・ゲルマも一瞬でした。次は”癒しブーム”で、アロマやリンパ、整体が大流行。
欧米マッサージセラピーの基礎にあたるスウェディッシュマッサージですら“スウェディッシュと言う名前の、数あるマッサージの中の一種類に過ぎない”と勘違いされている方もおられます。

“リンパ”と言う言葉も、たまたまメディアによってその言葉が一瞬流行っていただけで、通常、マッサージには、いちいち取り立てて“リンパ”と強調せずとも、当然の如く、“リンパ”ドレイン効果が含まれていてあたりまえですし、MLD(マニュアルリンパドレナージュ)はもっと高度な学問的なもので、素人の方が簡単にできるものではありません。 リンパドレナージュとは、マッサージテクニックの中の一つであり、特殊な場合を除き、単体のみでテクニックが行われることは少なく、一般にはジェネラルなマッサージテクニックと併用して使用する事が多いのです。

そもそもリンパは、勿論体の各細胞から老廃物を回収する役目もありますが、リンパの大きな役割は、“免疫システム”ですよね?
外からの外敵である菌と戦って、リンパ節が腫れているのに、“リンパが詰まっています”“毒素がたまっている”と、リンパ節をゴリゴリ強くこすっているセラピストを見かけますが、それで良いのでしょうか??
その下には、神経叢や、太い血管などもあるのですが.....

また、“整体”もブームとなりましたが、柔道整復師は国家資格ですが、それ以外は民間ですから、全く規定がありません。スポーツマッサージや、カイロプラクティックなど、高いクオリティーのものから、初心者が体の構造や禁忌も、何も知らぬまま、“ツボ”と言う便利な言葉に便乗し、言われるままにその場所を力任せに押すだけ。と言う危険なものまでが一緒語他に共存しています。後者は、誰でも簡単にできる事なので、ブームになり易いですが、知識不足によるリスクも伴います。

さて、次は、何が流行り、何が消え去って行くのでしょう??

ブームを追いかけ、流行りものだけを習うのは大変危険です。

もし初めにしっかり判断力がつくだけの知識を持った上でセラピストになっていれば、流行に振り回される事もないはずです。
リンパをはじめ、整体手技やテクニックバリエーションと言うのは、まずベースのスタンダード教育があった上で、プラスされていくものです。

近年リラックスする時はオイルトリートメント、体が辛い時は整体へ行く。と言う人達が増えてきています。精神的にストレスを感じ、疲れていると言うことは、体も疲労している方がほとんどなわけですから、流行だけではなく、オイルトリートメントにおいても辛い体にも、しっかり効果が出せる、セラピー技術が必要なのではないでしょうか?
オイルマッサージでは、コリが解せない。と日本ではまだ大きな誤解がある様です。

欧米のマッサージセラピーを、わかりやすく説明すると、リラクゼーションテクニックの間に、セラピーテクニック(欧米のボディーコンディショニングやディープテクニック)を使用します。気持ち良くリラックスしている間に、コリや症状が緩和されて、マッサージが終わったら体がスッキリ楽になっている!!まさに、理想的なマッサージと言えるのです。

スウェディッシュマッサージテクニックをベース取り入れ、その上にオイルトリートメントならではの、西洋マッサージの療法テクニックを使用します。スポーツマッサージや、整体テクニックも含まれます。ここに、オイルを使用しないコンプレッションや指圧手技も併用すれば、日本で言う、つまり“整体”となるわけです。
欧米マッサージセラピーでは指圧手技も併用できますから、リラクゼーションから療法セラピーまで、汎用性の高い、様々なニーズに応えられるマッサージスタイルなのです。

人間の体は、流行でめまぐるしくは変わるものではありませんから、いつの時代でもブーム関係なく、人々に必要とされ、喜ばれるマッサージトリートメントを身につけてみませんか??

ボディーコンディショニングまではちょっと。と、おっしゃる方でも、せめて、リラクゼーションと同時に、筋肉疲労やむくみ、肩や腰のコリなど、一般的な症状に対して、楽にしてあげられる、そんな理想的なリラクゼーションマッサージができる様になれば・・・と思いませんか?
但し、方法を知らずに、見よう見まねで圧を強く入れると、お客様をもみ返しにしたり、組織を痛めてしまう原因になるので十分注意しましょう。

基礎の上に様々なテクニックを積み上げていくので、経験者の方でも、今まで行なっていた手技が決して無駄になりませんし、さらに理解が深まり、ご経験者のスキルアップにもなります。指圧などの東洋手技もその上に組み入れる事ができるので、整体や、治療家の方の施術にも、幅が広がります。
世界的にテクノロジーが進み、ストレス社会が加速する中、オイルトリートメントを必要とする方もさらに増えてくる事でしょう。

その場の流行のものだけでなく、将来も末永く必要とされる技術を習得しましょう。
その上で、都度流行ものを、バリエーションの一つとして取り入れられる、そんな余裕が持てる基礎学習を、まずは固めませんか??

たとえ何が流行っても、常に対応できる、汎用的な幅の広い知識と土台があれば、決して流行に流されない、堅実なセラピストになれるのです。これこそが“スキル”と呼べる物なのです。

現在の様に、まとまりなくスクールコースがバラバラに存在している状況では、経験者が知識を増やしたくても、その都度高価な学費を支払い、いくつもの学校に行かなければなりません。その度に重複するカリキュラムもあり、これではいくらお金があっても足りませんよね?

私共の受講生でも、過去に何件かのスクールに行き、高額な学費を費やして、違う順番を幾つか覚え、同じ学科を繰り返し取らされたが、技術的には各テクニックの詳細な意味もあいまいで、互いのテクニックの相互関係が持てない。と、再度FSTCで基礎から 技術を学びなおしに来られる経験者の受講生や、又、サロンで経験を積んだ方でも、はじめから、すぐに順番だけを詰め込まれるため、基礎のボディーメカニクスどころか、力ずくでの無理な施術を強いられ、ボロボロになった体で相談に来られる方も沢山おられます。 これは、オイルを使うマッサージでも、整体でも共通しています。

FSTCの本科ベーシックコースは初心者の方のための大切な基礎固めで、欧米の学校同様、どこで習ってもある一定の定義の元に構築された基礎セオリーからまずスタートしますが、まだ日本では定着していません。
特に日本は、スクール毎に、その内容や、学習量、技術が驚くほど、バラバラです。
スクールの規模に関係なく、クォリティーが高いものと、低レベルな内容、営利目的のみのスクールなどが、極端に混在しています。

何故、日本のセラピスト教育には統制がないのか。と言うと、日本は、鍼灸指圧マッサージ、柔整など、マッサージ等において国家資格で定められた規定があり、国で管理されています。
しかし、海外のマッサージ技術や、国家資格のマッサージ以外においては、法的な資格や規制が無いため、逆に全く管理されていない無法地帯なのです。
それ以外の、よく“資格”と耳にするものは、全て民間資格ですから、日本では法的に何も意味を持ちません。しかし、“資格”と言う言葉が大好きな日本人を取り込むために、民間“資格の紙”を武器とし、商売化しているスクールも少なくありません。
ご経験者の方でしたら、その意味が良くお分かりですね?

初心者の方は、スクールが初めてで、右も左もわからない真っ白な状態ですから、知らないが故に、これが、オイルマッサージの全て。オイルを塗布して、言われたとおりの順番が一通りできればそれだけで良いものだと教えられれば、その通り信じるしかないわけです。そして、“資格”と言う民間発行の紙をもらって、“技術が伴わないプロ”も少なくありません。
同じく民間資格でも、卒業後、自信を持ってクライアントに信頼される“本物のプロ”になれるだけの、充実したトレーニングを行うスクールもあるわけですから、スクール選びは、宣伝だけにとらわれず、慎重にその内容を検討する必要があります。

大切なのは、まず、あなたがどの様な目的でセラピストのコースを取られたいか?と言う事です。
ご自分自身が癒されたくて、オイルトリートメントを習ってみたい。“自分のステータスとして、資格と書いた紙が欲しい”。と、ご趣味の域のものなのか、“将来真剣にセラピストのお仕事を考え、スキルを身につけたい“のかで、選択するスクールやコースも大きく変わります。

パンフレットの文章や、“資格”と言う言葉だけでスクールを決めるのは、非常に危険です。必ずそこのスクールで行われている授業を、ご自身の目で確認される事をお勧めします。特に、学科だけではなく、実技の内容もしっかり見る事も大切です。
さらに、そこでの施術を実際に受けて、他と色々比較してみると、一番わかり易いかもしれませんね。
その上でご自身に最も合った、“勉強したい内容”のスクールや、コースを良く検討して、お選びいただく事が大切です。

スクール選びは、“セラピスト”としての将来を左右する、とても大事な選択なのです。




Responsive image
Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033 E-mail : info@forestspa.net
スクール・体験レッスンに関する、お問合わせ・ご予約は
TEL:050-3559-3033 または、メールフォームにて。
スクールコース紹介「リンパ、オイルマッサージ」等 海外研修コース紹介 「リンパ、オイルマッサージ、ボディートリートメント」等
講師紹介 セラピストマッサージスペシャリスト 在校生情報 リンパ、オイルマッサージ等のコースを受講しているスクール在校生感想
掲載メディア

Forest Spa セラピストカレッジ(FSTC)
〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-14-14 第二大澤ビル2F
TEL:050-3559-3033
E-mail : info@forestspa.net