インドネシアの教え子。困窮生活から腕一本でお金持ちに!

インドネシアのビジネストリップから戻りました。これからの一大リゾート地としてどんどん観光開発が進められている島です。

 

 

現地の私の教え子で元スタッフのマットくんは、FSTCのテクニックで独立し、今では世界中の人々から絶賛される大人気セラピストに成長していました!!

 

特にスゥエーデン人やヨーロッパなどの先進国のリピーター、日本人のお客さんも増え毎日大忙し。

数年前、貧困生活で家族に食べさせるお米を買うのもやっとだった彼をスタッフとして迎え入れ、お仕事をして頂きながら技術を伝授。その後独立した彼は腕一本で頑張り、今では立派なマイホームも建て、新車も買ったそう。すっかり裕福になって大成功していました。

何処で勉強したの?とお客さまにいつも聞かれるそうで、日本人のJunko に習ったと。

そんなわけで、私が道を歩くと、あ、あなたがマッサージの先生のJunkoね!!って色々な国の人から声をかけられて、ちょっとテレるけど、貴方の教え子さんのマッサージ素晴らしいわ!って褒められると、本当に嬉しい😆✨✨

バリ島をはじめインドネシアでも、あちこちに適当なマッサージが溢れる中、本物はやっぱり勝つ‼️

世界中の人たちから絶賛される技術って、改めて宝物だと思いました。

でも、それだけではなく、今思うとマットくんは教習期間中、毎日毎日動作が自分のものになるまで手を休める事無く、もくもくと練習頑張って努力していたのを覚えてます。

だからこそ今があるのだと思います。

FSTCの現役生のみんなもマット君や先輩方みたいなセラピスト目指してファイト!!要素はここにあるのですから…..

私が訪れている事を知った彼は嬉しそうに会いに来てくれて、しばしカフェでおしゃべり。しかし相変わらず研究熱心。わからない所があるから教えて欲しいと。そこでお友達をモデルに座位テクニックのポイントアドバイスをしてあげました。

FSTCの日本のクラスで習うテクニックの座位バージョンですが、アジアのセラピストではなかなか見かけない、背筋が伸び安定した良いポジション。数年前、初日にトレーニングした基礎を忘れずにしっかり身に付けていて関心!!これがタッチに大きな差をつけるんですよね。

それと・・・昔、この技術を安売りしてはいけないと話したことがありました。そして彼はそれを覚えていて、一時間3000円で施術を行っているそう。他が1200円の価格設定の中、身体に関する事にはクオリティーを求める西洋人達が多いこの地では、どうせマッサージを受けるなら安くて下手より、少し高くても上手な人に。と、いつも予約がいっぱい。このあたりのセラピストをはじめ運転手やウエイトレスが月給2-4万円程度で働く人も多い中、彼は一日でそれを稼ぎあげています!!

一生涯のお仕事として、世界中のお客様に喜んでいただけるセラピストとして、今後も益々のご活躍を応援しています。(益々お金持ちに…?笑!)

そしていつか、今度はあなたが貧しい人達に手を差し伸べて、あなたに続く後輩達を育てて行ってあげてくださいね!!そんなお話をして、私は島を後にしました。

関連記事

  1. 癒しの空気をセラピストの手からお客様に届ける。

  2. パワーいただきました

  3. 手作りハーバリウム

  4. 今年のレッスンもそろそろ

  5. オリンピック男子フィギュアー。祝!!