VOICE卒業生からのメッセージ

受講途中での就職に後悔!!
きちんとしたトレーニングの重要性を感じ、2年後にスクール再受講を決めました。
今度こそ、自信を持って真のセラピスト人生を再スタートです。

4年前、東京上京と共にフォレストスパに入学、Junko先生の授業を受け、ここなら本物の一流セラピストになれる!と確信し、日々練習に励んでいました。 そんな中、ホテルスパの就職話があり、チャンスとばかりに飛びつき就職が決定。最初は学校と両立するつもりが、仕事の方へと意識が傾き、あろう事かスクールを途中で辞めてしまったのです。

寛子さん

お店にはマニュアルがあり、学校で学んだことは一切取り入れさせてくれず、更にはマニュアルの手技が、解剖や人体の知識など無視で体に負担のかかる姿勢ばかりでした。けれど、今まで学校で、姿勢の基礎の授業を受けたのだから、お客様にはいるようになって体に合う姿勢や手技で直せばいいと、余裕に考えていました。 実際に、先生の教えは、「フォレストスパは、全てのマッサージに共通する知識と、人体力学に基づいた体に負担のない姿勢の土台をつくれる場所なのよ。だから、卒業してどこにいっても大丈夫。何を習おうとも、自分のからだの軸、楽な姿勢が自然とできる様になるから」 というものでした。

けれどそれは、無意識にでも体が動いてしまうほど、卒業までたくさん練習トレーニングを積み、基礎が身についたときのことであって、中途半端なまま辞めてしまった私が、どんどんと崩れていってしまうのは目に見えていたのです。

私の大丈夫という余裕と自信は、僅か2ヶ月ほどで崩れて去っていきました。

そこからは、後悔の嵐です。

どうして中途半端のまま、就職してしまったんだろう。辞めてしまったんだろう。 クライアント一人一人と向き合い接するという大切な教えも、マニュアルに沿ったルーティーンの手技の中で、薄れていってる自分に気がつき、負担のかかる体勢をしてても続けて施術している自分に、嫌悪感を感じ始めました。

これでは、上辺だけのマッサージトリートメントしかできない、低レベルのセラピストで終わってしまう。

ただ、ビックリしたのは、 スクール卒業までいかなかった私の施術に対して、"今まで受けたトリートメントの中で1番だわ!""どこのホテルスパよりも気持ちよかったわ!"と、お客様からは大絶賛だったことです。え?こんなに崩れてるのに?お世辞かな?と、耳を疑うほどです。他のスクールで資格を取った同僚達からも、羨ましがられました。

こんな中途半端でも、大絶賛して頂けるなんて…先生が教えてくださることがどれだけ素晴らしく凄いものなのかを実感した瞬間でした。

そしてもう一度しっかり学んで、真のセラピストになろう。最後まで先生の授業を受け、自分のものにするんだと決意し、スクールに再入学。JUNKO先生も快く受け入れてくださり、アドバンスのクリニカルテクニックまでたくさんの知識を勉強させて頂きました。

今は確実な手応えと自信もつき、先生の教えを守りながら、病院をはじめ、様々なご依頼を頂き独り立ちしました。

世間では、前にも増して"3日であなたも立派なセラピストになれます!"等のようなインスタントスクールが増え、実際お店でもちょっと研修すればデビュー、すぐに仕事ができる仕組みになっています。 フォレストスパで、本物の世界で通用する手技を学んだからこそ、たったの3日や1週間、1ヶ月で身につく代物では決してあり得ないと。ビジネスや意味ない資格と言う紙に流された薄っぺらセラピストと、本物の真のセラピストとの違いを深く実感。

セラピストを目指す人は、心の芯に「人を癒したい」「楽にしてあげたい」という人を想う心が、必ずあると思っています。

そして、癒すからには本物の手技を、技術を身につけたいと。

どうか、溢れる程の学び場の中で、本物かそうでないのかを、しっかりと目を凝らして見極めてほしい。 世の中には知識不足から人体構造を無視した独りよがりの、適当な手技を資格と呼ぶセラピストやスクールが溢れていること。

そしてここ、フォレストスパは本物だということ、胸を張って言えます。 嘘だと思うなら、ぜひ先生のマッサージトリートメントを受けてください! 理論ではなく、身体で感じるものですから、本物か口だけかはすぐにわかります。 是非っ^^

あの時、勇気を出してスクールに戻ったからこそ、今でこそ誇りを持って毎回のお客様の施術に充実感を感じながらやっています。 JUNKO先生から学んだことは、一生の財産です。あんなに熱心に指導してくださった先生の大きな愛に、感謝しています。 先生、また質問や疑問があったら時々スクールに立ち寄りますね。先生は、私の心の羅針盤ですから。^^ JUNKO先生、どうぞ今後ともご指導よろしくお願いします。